読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと味

たくさん情報を食べて、たくさん発信すると、あとになって味わい深い。

サクッとPSGIなMTOSの開発環境を用意する方法

MovableType Perl

MTは5.2.2からPSGI対応したということで、今までPSGIアプリケーションをMojoliciousやMENTAで作ることもあった自分としては、かなり嬉しい出来事でした。

Mojoliciousなどは、開発用のPSGIサーバーも同梱されていて、ポータブルだし、サクッと開発環境を用意して、プログラム書き始めることができるのがとても良いですね。

どのCMSApacheの設定から始めて、DB作って、それらの開発環境を外に持っていく時も同じようなことをして云々かんぬんというのに辟易していました。Cartonなどを利用すれば、Perlの実行環境を除いて、アプリケーションディレクトリ配下にアプリケーションが動作するすべての条件を含めることができるのが快適で快適で。

これとなるべく近いことをMTOSでやってみようという試みです。基本的にPSGIで動かす話なので、CGIで動かす場合は、今までどおりメンドイですね。

MTOSを取得する

MTOSはGithubで公開されているので、とても助かります。

$ cd /path/to/yoursite
$ git clone https://github.com/movabletype/movabletype.git mt

これで取得完了です。特定のbranchや特定のtagのファイルが必要な場合は、以下のコマンドも適宜実行しましょう。

$ cd mt
$ git tag -l
$ git checkout -b mt5.2.3 origin/mt5.2.3

とか、

$ git branch -r
$ git checkout -b develop origin/develop

とか。

以降、すべての操作をmtディレクトリの中で行うので、cdコマンドは省略します。

最後にmakeします。

$ make me

シェバンを書き換える

すべての.cgiのシェバンが、/usr/bin/perlになってますが、自分の開発環境で、そのPerl使うことは皆無ですし、CPANモジュールもまったく追加してないので、シェバンはワンライナーで書き換えます。

$ find . -name '*.cgi' -or -name '*.t' -o -name '*.pl' -o -name '*.psgi' | xargs grep -lE '^#!/usr/bin/perl' | xargs perl -p -i -e 's|^#!/usr/bin/perl(\s*(?:-w)?)$|#!/usr/bin/env perl$1|'

DBを作成する

これもSQLiteでできればなー・・・。という感じ。他はすべてアプリケーションのディレクトリに閉じ込めることができますが、ここばかりはどうにもなりませんね。

MySQLの設定 : Movable Type 5 ドキュメント

この辺は、今後、コマンドラインスクリプトで自動化しようと思います。

ディレクトリの配置

こんな感じにするのが良いと思います。

www (プロジェクトのルート)
├─ mt (MTのCGIPath)
├─ mt-static (MTのStaticPath)
└─ public (公開領域)

以下、このディレクトリの配置を前提に、設定ファイルにパスを書いています。

mt-config.cgiを用意する

最小限のmt-config.cgiは以下のような感じになりました。

CGIPath /mt/
StaticWebPath /mt-static
StaticFilePath /path/to/mt-static
ObjectDriver DBI::mysql
Database database
DBUser dbuser
DBPassword dbpassword
DBHost localhost
DefaultLanguage ja

/mt/foo.cgiが、それぞれ別個のPSGIアプリケーションになります。MTの管理画面は、/mt/mt.cgiです。

app.psgiを用意する

mt.psgiというものがあるのですが、書き換えたいのと、plackupでファイル名指定するのが面倒なので、mtディレクトリ配下にapp.psgiを用意します。ちなみに、コレが今回の肝です。

use strict;
use warnings;
 
use lib qw(lib);
 
use MT::PSGI;
use Plack::Builder;
 
builder {
    enable 'DirIndex',
        dir_index => 'index.html';
    enable 'Static',
        path => qr{^/(?:(?!mt/|mt-static/))},
        root => '/path/to/public';
    MT::PSGI->new()->to_app;
};

Plackミドルウェアを2つ使っています。mt.psgiは個別のPSGIアプリケーションを包括した大きなPSGIアプリケーションになっていて、中でMT標準のアプリケーションやら、プラグインで利用するアプリケーションやらをPSGIアプリケーションにして、マウントしてみたいな処理をしています。

外から、mt.psgiを拡張しようとすると、今のところ、Plackミドルウェアしかないのかなーと思っています。

とは言え、既存のPlackミドルウェアの資産が活用できるのは魅力です。
もしかしたら、今後、MTのプラグインだけではなく、mt.psgi用のPlackミドルウェアもいろいろ出てくるのかもしれませんね。

静的ファイルを配信するためだけに、Apacheを設定するのは流石にだるいので、PSGIサーバーさん(plackup)に、そこんとこも頼むことにします。

静的コンテンツを配信するミドルウェアであるPlack::Middleware::Staticと、特定のファイル名をApacheのDirectoryIndexのように設定できるPlack::Middleware::DirIndexを利用しています。

Plack::Middleware::DirIndexの方は、Plack::Middleware::Staticの正規表現をもうちょっと書いたら不要かもしれません。もしくは、インラインでミドルウェアを書くとか。

ちなみに、Plack::Middlewara::DirIndexの存在は、Plackのgithub上にあったIssueで知りました。

MTOSの起動

plackup

以上!

デフォルトでは、ポートが5000番で起動するので、http://localhost:5000/mt/mt.cgiがMTの管理画面、http://localhost:5000/がサイトルートになります。

まとめ

以上で、割とポータブルで、サクッと用意できるMTOSの開発環境が用意できたと思います。用意が楽な上に、今までより速いです。

一応、公式では、plackupの制約上、PSGIサーバーはStarmanの利用が想定されていて、plackupはあくまで開発用と割り切って使いましょう。プラグイン入れた時とかアップグレード後とか何かと再起動必要だし。

初期状態では、CPANモジュールがいろいろ足らないと思いますが、この辺の依存関係を書いたMakefile.PLを用意して、Cartonで管理するのが良いと思います。

公開サーバーにMTを置かないという選択肢があるなら、これだけでも、高機能な静的HTML生成器になるし、汎用的なテキストファイル生成機になりますね。