読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと味

たくさん情報を食べて、たくさん発信すると、あとになって味わい深い。

SassをWindowsにインストールする

Sassについて話してから、うまく動かないなどの問合せをいただきます。

インストールはやっぱり完全初めてだと難しいんですね。その反省も込めて、Windowsでのインストール方法を説明することにします。

手元にWindows XPしかないので、Windows XPでの操作説明になりますがご了承ください... 適当に読み替えて進めてください。

RubyInstaller for Windowsのダウンロード

Sassの公式サイトにもリンクがありますが、以下のサイトからRubyInstallerがダウンロードできます。

ここのダウンロードページに移動したら、RubyInstallersという項目があるので、
Ruby1.8.xをダウンロードします。Ruby1.9.xをダウンロードします。

Rubyは1.9系と1.8系があって、今は1.9系への移行期間です。これから本格的にRubyも勉強したい人は1.9系をダウンロードすればいいと思います。Sassを使うだけなら、1.8系で良いと思います。

1.9系をダウンロードした方が良いのでは?とオススメもらいました。

Sassだけ利用する場合は1.9系の方が良いようで、さらにWindowsだと速度差が大きいとのことでした。

参考: あーありがち - Ruby 1.9の高速化の恩恵はWindowsでこそ大きい

RubyInstallerのインストールウィザード

f:id:jdg:20110607111147p:image
最初の画面は「Next」をクリックしましょう。

f:id:jdg:20110607111148p:image
ライセンスの記述です。「I accept the License」を選択して、「Next」をクリックしましょう。

重要なのは次の画面です。

f:id:jdg:20110607111149p:image
「Add Ruby executables to your Path」にチェックを入れてください。

これをすることで、Windowsの環境変数のPathにRuby実行ファイル関連が保存されるディレクトリが追加されます。

Sassをインストールする時に利用する、gemコマンドや、Sassを使用する時に使うsassコマンドがコマンド名のみで使えるようになります。たぶん、問合せしてくる人のほとんどが環境変数の設定ができてないところに起因していると思うので、ここさえチェックを入れておけばほとんど問題ないはずです。

f:id:jdg:20110607111150p:image
これでインストールが終了です。

Sassのインストール

Rubyにはgemというパッケージ管理ツールが付属されています。Sassも、このgemを使ってインストールすることができます。

コマンドプロンプトを起動

Win + Rで、ファイル名を指定して実行を表示します。

f:id:jdg:20110607111151p:image
「cmd」と入力してください。

rubyが入っているか確認

f:id:jdg:20110607111153p:image

ruby -vと入力して、Enterキーを叩きましょう。インストールしたRubyのバージョンが表示されるはずです。

gem

f:id:jdg:20110607111152p:image

gem --helpと入力して、Enterキーを叩けば、gemのヘルプが見れます。gem installのサンプルなども表示されるでしょう。

gemを使って、Sassをインストールする

f:id:jdg:20110607111154p:image
gem install sassと入力して、Enterキーを叩くと、sassのインストールが始まります。CPUの処理性能によっては、そこそこ時間がかかるかもしれません。

sass

f:id:jdg:20110607111155p:image
gemと同様、sass --helpと入力して、Enterキーを叩けば、sassのヘルプが確認できます。

Enjoy!!

これでWindowsの人もSassられましょう。