読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと味

たくさん情報を食べて、たくさん発信すると、あとになって味わい深い。

Googleドキュメント、なかなかですな

前職がパソコンインストラクターだったので、Microsoft Office製品のことはよく知っています。

Word、Excel、AccessのMOT(Microsoft Official Trainer)も取得しています。

最近、本格的にGoogleドキュメントを使うようになって、Microsoft Office製品よりも良いところがあってちょっとレビューしてみようかなと思いました。

文書(Wordに相当)、スプレッドシート(Excelに相当)、プレゼンテーション(PowerPointに相当)の順に、ひとつずつ気に入った機能をご紹介します。

HTMLとCSSで書式の制御ができる - 文書

Googleドキュメントの文書なんですけど、HTMLとCSSで書式を制御できるんですよね。*1

前々からWordで「スタイルと書式」という機能をCSS感覚で使っていたんですけど、CSS慣れしている人間としては、細かい部分の調整がしづらかったりイマイチ使い勝手の悪い機能でした。

CSSで文書のデザインを制御できると、スタイルの使い回しがしやすいし、コーディング経験者にはWordの変な癖に悩まされることなく、ノンストレスで文書を作れると思いますよ。

書式設定の曖昧さがなくて、とっても気に入りました。

フォームが作れる - スプレッドシート

アンケートフォームのようなものを作って、データの蓄積ができます。
しかもブログに貼ったりもできておどろきでした。
すごく気軽にフォームが作れる上に、集計は慣れた表計算でできちゃうので、これはとても良い機能ですね。

Googleドキュメントにフォーム作成機能、自動集計可能に − @IT

オンラインプレゼンテーションができる - プレゼンテーション

ただ、共有して公開するんじゃなくて、同じ日時に同じタイミングでスライドをめくる機能があります。

しかもその最中にチャットができる。

東京、福井間でプレゼンをする時に使ってみましたが、十分使えました。

View or show a completed presentation - Google Docs Help

まとめ

細かいところに手が届くという点ではMicrosoft Officeにかなわないのですが、Googleドキュメント独自の優位性は非常に心引かれます。

仕事ではなかなかOfficeから離れるのは難しそうですが、自分のマシン(MacBook)では完全にGoogleドキュメントに移ることができました。Google Gearsを使えばオフラインでも使えますしね。

今後も使いながら機能拡張の期待をしていきます。

*1:メニュー「編集」 → 「HTMLを編集」 or 「CSSを編集」