読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと味

たくさん情報を食べて、たくさん発信すると、あとになって味わい深い。

PSGI + SeleniumでMTの管理画面のテストをする

MTの管理画面は、JavaScriptに依存した部分が結構多く、PhantomJS等のヘッドレスブラウザを使ったテストが必要になるケースがあります。

CasperJSや、Seleniumなど、いろいろなツールがありますが、MTの管理画面のロジックは、Perlで書かれているので、Perlで書けるのがベストです。Perlでデータの初期化とかしたいですからね。

Perlで書ける方法でツールを絞り込むと、現状では、Selenium::Remote::Driverを使うのが良い気がしています。

ということで、下記のようなテストを書いてみました。

テストの実行には、MTのGitHubリポジトリに含まれる、tディレクトリが必要です。あと、試す場合は環境変数MT_CONFIGを書き換えずに、MT::TestでDBを初期化すると、既存データが吹っ飛ぶので、テスト用の環境は別途用意した方が良いです。

Test::TCPで、GhostDriverと、MTのPSGIの管理画面を空いてるポートで起動して、Selenium::Remote::Driverを使って、管理画面を操作する感じです。

実際書いてみると、いろいろハマりどころがあった感じですが、ハマりどころを回避しつつテストを書くことになりそうです。

テストと同時にキャプチャを撮れるので、エビデンス対策も取れてよいですね。上記のコードではダッシュボードと、記事作成後の画面をキャプチャしていて、下記のような感じのキャプチャが撮れました。JavaScriptも処理されていて、ちゃんとした見た目になってます。

f:id:jdg:20140501090135p:plain

f:id:jdg:20140501090152p:plain

もう少し便利メソッドをカジュアルに使いたい場合は、Wight を使うのも良い気がします。

他言語でもSelenium使う機会があるかもしれないので、今後の学習コスト削減のために、今のところは単純なアダプタであるSelenium::Remote::Driverを使おうと思います。

ほなの。