読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと味

たくさん情報を食べて、たくさん発信すると、あとになって味わい深い。

春のJAWS-UG 三都物語 2013でMTに関するLTしました

MovableType

AWSを使ったこと、ほぼなかったんですけど、これをキッカケにして、今後は活用するようになりそうです。

発表内容をシェアするとともに、ちょっと考えることを書きます。5分という短い時間でしたが、伝えたいことは伝えられたんじゃないかと思います。

思ったこと

Wordpress界隈に比べて、MT界隈のAWSのノウハウは、ウェブを見る限りではまだ少ないように思います。

特に、Movable Typeは静的ファイル出力が前提のソフトウェアなので、S3やCloudFrontがもっと活用されるようになるといいなと思いますし、自分は今後活用しようと思います。

また、スライドの中では、管理画面なくてもいいじゃんみたいな話をしていますが、これは極端な話だったかもしれません。しかし、MTはPerlで書かれたソフトウェアなので、コマンドラインツールとの親和性は実際高いと思っています。CPANもあるし。

コードベースでMTを操作すること

ネタに走ってしまって、多分あまり伝わってないので、コードベースでMTを操作するということについては、本エントリでもう少し掘り下げることにします。

MT::Toolクラスのサブクラスを作れば簡単にコマンドラインツールを作ることができます。*1

管理画面経由にせよ、コマンドラインツール経由にせよ、使うのはMTのアーキテクチャです。MTのアーキテクチャは、管理画面に特化しているわけではなく、コードから利用することも可能です。コードから利用するのはWordpressより扱いやすいように思います。Perl製のソフトウェアということもありますが、こういう点がMovable Typeの方が弄っていて楽しいと思う理由なんだと思います。

MTは、ライブラリを直接useして利用できる作りにもなっています。*2

プラグインかtoolsスクリプトかの違いは、MTのオペレーションツールがブラウザかターミナルかの違いだけです。
自分は、コマンドラインツールが好きなので、今後、MTのコマンドラインツールをいろいろ作ることでしょう。コマンドラインツールをしっかり作ってしまえば、どうしても管理画面上から利用したい時には、ブラウザ用のインターフェイスを追加するだけで済むはずです。たぶん。

ついでなので、作りかけで途中になっていた、MTObjectImporterというプラグインをgithubに上げました。YAMLで記事をインポートしたいなと思って作り始めたら、JSONも構造にてるし、EntryとPageも構造似てるしってことになって、ひとつメタなプラグインにしました。

大したことは書いてありませんが、ライブラリをuseして利用できることを意識して作ってあります。こんな感じで、今後もまずはコマンドラインツール、必要に応じてブラウザ用のインターフェイスを用意する、みたいな感じで作ろうと思ってます。テストもしやすいですし。

まとめ

今後、MTらしさを生かしつつAWSを活用したいですね。

*1:perldoc MT::Toolしましょう

*2:githubのmovabletypeのtディレクトリを見よ