読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと味

たくさん情報を食べて、たくさん発信すると、あとになって味わい深い。

margin-top派かmargin-bottom派で言えば、margin-top派です

CSS

世の中にはmargin-top派とmargin-bottom派がいるとかいないとか。

自分はmargin-top派です。

margin-left派とmargin-right派がいるならば、margin-left派です。

試しにmargin-bottom派になってみようかなと頑張ってみたんですけど、やはり慣れもあり、margin-topの方がしっくりきたのでエントリーを起こすことにしました。

margin-top派な理由

margin-top派になったのには理由はなくて、なんとなくmargin-top派になった気がするのですが、margin-bottom派に移るのが少し面倒な理由はあります。

その理由は:first-child擬似クラスの存在です。

例1

例えば、以下の様なHTMLがあったとします。各section.contentの間には30pxの余白が欲しかったとします。

<section class="content">
  <h1>title1</h1>
  <p>section2</p>
</section>
<section class="content">
  <h1>title2</h1>
  <p>section2</p>
</section>
<section class="content">
  <h1>title3</h1>
  <p>section3</p>
</section>

この場合、:first-childを利用すると、margin-topで楽にレイアウトできます。

section.content {
  margin-top: 30px;
}
section.content:first-child {
  margin-top: 0;
}

margin-topで、30pxの余白を取ります。そうすると各section.contentの間には、30pxの余白が確保できます。しかし、このままだと、先頭のsection.contentには余計な30pxの余白が入ってしまいますので、:first-child擬似クラスを利用して、先頭の余白を0にすることで、各section.contentの間に30pxの余白を作るということが実現できます。

例2

横並びでも同じです。リストが横並びで、各リスト項目の間に20pxの余白を取りたい場合です。

<ul>
  <li>item1</li>
  <li>item2</li>
  <li>item3</li>
</ul>

CSSはこんな感じになります。

ul {
  margin: 0;
  padding: 0;
}
ul li {
  list-style-type: none;
  display: inline;
  margin-left: 20px;
}
ul li:first-child {
  margin-left: 0;
}

こんな感じです。

このケースでは、:first-childを使わなくても、以下のようにすればOKですね。

ul {
  margin: 0 0 0 -20px;
  padding: 0;
}
ul li {
  list-style-type: none;
  display: inline;
  margin-left: 20px;
}

それ、:last-childでできるよ

そうなんですけど、IE7から対応しているのと、IE9から対応しているのとでは、大きな違いがありますし、IE8とか捨てれる状況でないので、:last-childを実務で使える状況はあまりありません。

まとめ

margin-top派、かつ、margin-left派です。その理由は:first-child擬似クラスを利用して、余白を調整する機会が多いからです。

IE6に対応しないといけない案件の場合は、:first-childの代わりに、.firstを付けることがありますが、要素を後ろに追加する機会の方が多い気がするので、.lastと付けた要素より、.firstと付けた要素の方が、後々、影響を受けないことが多い気がします。なんとなくですけど。

数年後、:last-childがどんな案件でも使えるようになったら、margin-bottom派に移行するかもしれません。現状は、margin-topの方が利点があると思っているので、margin-top派です。

もし、margin-top派だと面倒な事例があれば、ツッコミいただけると嬉しいです。