読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと味

たくさん情報を食べて、たくさん発信すると、あとになって味わい深い。

Google Analyticsでオーバーチュアの参照キーワードを取得

オーバーチュアのスポンサード広告と、Google Analyticsを連携して使っている人は多いと思いますが、今日タイトルにあるような仕事をしたので、メモがてらTips紹介です。

オーバーチュアで検索連動広告をしていると、Google Analyticsなどのパラメータまで取得できるアクセス解析を使うとオーバーチュアトラッキングURLとやらのURLにアクセスされていることがあります。

http://www.exsample.com/index.html?OVRAW=入力キーワードがここに入る&OVKEY=入札キーワードがここに入る&…

これは、オーバーチュアの検索連動型広告で、どの入札キーワード(OVKEYの値)にどういうキーワードで(OVRAWの値)でアクセスしているかを教えてくれます。

で、本題ですがこれらのキーワードだけをURLから取り出したいという時のTipsです。

  1. Google Analyticsから「上位のコンテンツ」のうち「OVRAW」を含むURLを抽出する*1
  2. レポートをcsv等でエクスポートする
  3. Excelなどの表計算ソフトで開き、URLの部分だけコピーする*2
  4. 正規表現の使えるテキストエディタで以下のように置換する(間違ってたらご指摘ください)

検索する文字列:

^.*?OVRAW=(.*?)&OVKEY=(.*?)&.*?$

置換する文字列:
(\1),(\2)

すっきり!3000行近くあったので、手作業では無理でした。

この手のテキスト整形処理ってよくするので、Webディレクターも正規表現は身に付けるべき*3だと思いました。私はすぐ忘れちゃうんですけどね。

Inspired by

オーバーチュア & LPO対策テクニック (アクセスアップ)

オーバーチュア & LPO対策テクニック (アクセスアップ)


詳説 正規表現 第3版

詳説 正規表現 第3版

  • 作者: Jeffrey E.F. Friedl,株式会社ロングテール,長尾高弘
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2008/04/26
  • メディア: 大型本
  • 購入: 23人 クリック: 631回
  • この商品を含むブログ (75件) を見る

*1:表の下の方にある「URLを検索」を使う

*2:utf-8に対応したテキストエディタで開いて、エンコードをshift_jisにする必要あり

*3:テキストエディタのマクロも必須