読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと味

たくさん情報を食べて、たくさん発信すると、あとになって味わい深い。

ベーシックなサイト制作の基本セットをgithubで管理するようにした

Tips

普通のWebサイト制作でコーディングが主みたいな時は、概ね利用技術とか作り方が決まってきたので、githubで管理することにした。

これで記事終わりだと文章なさすぎなので、README.textileの中身貼っておきます。

これは何?

Webサイト制作の基本セットを管理しているリポジトリ

利用技術

  • git
  • sass
  • yuicompressor
  • Mojolicious::Lite

使い方

  1. このリポジトリをクローンする。
  2. templates/layouts/*.html.ep で基本レイアウトを作る。
  3. templates/*.html.ep でHTMLテンプレートを作る。
  4. app(Mojolicious lite_app) でルーティングする。
  5. _scss/*.scss にあるscssファイルでスタイルを書く。
  6. _scss/style.scss を、sassを使って、 public/style.css に出力する。
  7. スタイルはページごとに _scss/_pagename.scss に分け、 _scss/style.scss でインポートする。
  8. _expand_js/*.js にあるJSファイルでスクリプトを書く。
  9. _expand_js/*.js を、yuicompressorを使って、 public/js/*.min.js に出力する。
  10. ./app daemon --reload でサーバーを起動して確認
  11. gitでデータを管理する

静的ファイルに出力するには

以下の手順で。

mkdir static
cd static
wget -r localhost:3000 -nH

今後

この記事は更新しないと思いますけど、githubの方は定期的な見直ししようかなと思ってます。

コーディングが主の案件なんかはこれでOKかなと思いますけど、とは言えケースバイケース。特に縛りがなければこれでいこうかなという程度です。