読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと味

たくさん情報を食べて、たくさん発信すると、あとになって味わい深い。

三千人のコンサートに行ってきた

ローカル

素晴らしいと言わざるを得ないイベントでした。

イベントの概要を簡単にご紹介します。

福井県吹奏楽連盟の創立50周年を記念したイベントで、タイトル(三千人のコンサート)のとおり福井県内の小中高と大学一般の総勢3400人が吹奏楽の演奏を披露するという大イベントです。*1

サンドーム福井という、県内ではそれなりに大きな会場を使って実施されました。

で、感想に入ります。

正直な話、最初の地区ごとの演奏を聞いてる時は、「やっぱ吹奏楽の演奏はこんな広いところでやるもんじゃないな。音飛んでこないし、タイミングも合ってない。ふ〜。。。」って感じのがっかりモードだったんですよ。

でもね、全員が合同で演奏する3400人の大合奏は次元が違ったんです。

今までは一体なんだったのかと思うくらい会場が鳴り響き、ものすごい音圧とハーモニーが会場を駆け抜けました。

マジで3400人はすげー!演奏が五感に響く!

しかも、演奏者に比例して楽器もたくさんあるわけですが、金銀に光る楽器が夜景みたいに輝いて、見ても楽しめる。

最後の演奏は、高校時代にお世話になった、植田薫先生によるポップスの演奏。

『SHAKE A TAIL FEATHER』という曲で、3400人+観客が踊り、会場がリアルに揺れました。

これだけの人が動くと、感動もそれに比例します。それを動かす植田薫という人間に、少しだけでも教育を受けたことは、人生にとっても大きなプラスだった。

俺も、こんなにたくさんの人を動かす人間になりたい。いつまでたっても追いつけない気がするけど、常にパワフルに活躍する先生を見てるとモチベーションがあがる。

非常にローカルな話でしたが、とても良いイベントに参加できてうれしかったので、ブログにも書きました。

たくさんの人を動かせる人間になれるようがんばろう。

*1:福井県のような田舎でこんなに演奏者が集うなんてめったにないこと